このページの本文へ

取り出したHDDを再利用できる変換ケースを付属

エレコム、3ステップで簡単に換装できる2.5インチ内蔵SSD

2019年01月15日 15時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは1月15日、2.5インチ内蔵のSSD「ESD-IB」シリーズから「ESD-IB0240G(240GB)」「ESD-IB0480G(480GB)」「ESD-IB0960G(960GB)」を発表した。発売は2月上旬から。

 ESD-IBシリーズはSerialATA接続の2.5インチ内蔵SSDで、ノートPCの2.5インチ内蔵HDDを3ステップで換装できる。方法はソフトをインストールし、データをコピーし、SSDを入れ替えるだけ。

 読み込み速度は最大500MB/s、書き込み速度は最大430MB/sで、高速データ転送を実現。衝撃や振動で破損しやすいディスク駆動部品がないため、高い耐衝撃性能と耐振動性能も実現しているという。さらにモーターなどの駆動部品がないため、書き込み時の騒音もないとのこと。HDDとくらべて消費電力を大幅に抑制したとしている。そのほか、取り出したHDDを再利用できる変換ケースを付属。

 SSDの本体サイズは約幅100.45×奥行69.85×高さ7mmで、重さは約47.5g。対応OSはWindows 10/8.1/7。インターフェースはSATA3.0。ESD-IB0240Gの価格は1万3608円、ESD-IB0480Gは2万4710円、ESD-IB0960Gは4万1375円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース