このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣のkintoneマスターへの道第72回

kintoneをメールワイズのアドレス帳や本文テンプレ管理に活用してみる

2019年01月22日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイボウズ社が提供しているウェブサービス「kintone」は、一言で言うなら「簡単に自社の業務に適したシステムを作成できるクラウドサービス」だ。業務アプリを直感的に作成できるほか、社内SNSとしての機能も備えスピーディーに情報共有ができるなど魅力が盛り沢山だ。
本連載では、そんなkintoneの導入から基本機能の紹介、そしてアプリの活用法など、ビジネスの現場で役立つ情報を取り上げていく。第72回では、kintoneアプリをメールワイズのアドレス帳や本文テンプレ管理に活用してみる。

メールワイズのプラグインで連携して、メールを送信してみる

 サイボウズの「メールワイズ」は、ビジネスで使う共通のメールアドレスを複数人で管理できるサービス。ユーザーから問い合わせや申し込みのメールが来たときに、対応漏れや二重対応などを防止できる。すでに7000社以上に導入される定番ツールだ。

メール共有管理サービス「メールワイズ」

 同じ、サイボウズ製品と言うこともあり、kintoneアプリにもメールワイズと連携できるアプリとプラグインが公開されている。まずは新規アプリの作成から「メールワイズ連携パック」をインストールしよう。もちろん、メールワイズ連携パックは無料で利用できる。

 kintoneとメールワイズを連携させることでできることは2つある。まず、顧客リストアプリなどのデータをアドレス帳と利用し、メールを送信できること。その際に利用する、本文のテンプレートをkintoneで作成・管理できることだ。

kintoneアプリストアから「メールワイズ連携パック」をインストールする
「kintoneシステム管理」からプラグインをインストールしておく
顧客リストにデータを入力して、設定画面を開く
プラグインを追加して、宛先(to)に設定するフィールドを選ぶ
メールの詳細画面を開くと、「メールを作成する」というボタンが追加されているのでクリックする
メールワイズの画面が開き、件名などを入力する
「送信する」をクリックする
メールが届いた!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事