このページの本文へ

ソフトバンク、TwitterとTikTokをウルトラギガモンスター+の使い放題に追加

2019年01月09日 16時10分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは、昨秋開始の新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」における通信量カウントの対象外となるサービスに、TwitterとTikTokを追加したことを発表した。

 「ウルトラギガモンスター+」は、税抜月5980円のデータ定額(基本プランは別途必要)で、月50GBの通信量に加えて、人気動画サービス/SNSでの通信量がカウントされないというもの。

 これで対象サービスは、YouTube/AbemaTV/TVer/GYAO/HULU/LINE/Instagra/Facebook/Twitter/TikTokの10個になる。従来から同社では「順次拡大する予定」「対象サービスは変わる場合がある」と表現してきたが、定番サービスが2つ増えたことで、さらに強味を発揮しそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン