このページの本文へ

ハイルドライバーを搭載した、無二の存在

圧倒的な低域は得難いもの、oBravoのSignature AMTを聴く

2018年12月31日 14時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バスドラの風圧感や地を這うようなベースを味わえる

 音出しを兼ねて軽く何曲か流した後、じっくりと聴きこむことにした。Signature エアモーションは、ネジ式の独自端子ながらリケーブルも可能だ。直販サイトでは交換ケーブルも販売されている。その中から、「4PXLR Balance Cable」(6万6800円)を選び、バランス駆動に対応したOPPO Digitalの据え置き型ヘッドホンアンプ「HA-1」を組み合わせてみた。OPPOのHA-1はUSB DAC機能も備えているので、送り出しにはUSB出力も可能なアイ・オー・データ機器のNAS「Soundgeric HDL-RA2HF」を使っている。

4PXLR Balance Cable

 HDDに保存してある音源から、評価用に使っているものを漁ってみた。最初に何気なく選んだのが上原ひろみの『Spark』(96kHz/24bit)だ。上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトによるセッションで、ピアノ・キーボードを上原ひろみ、コントラバスギターをアンソニー・ジャクソン、ドラムをサイモン・フィリップスが担当している。

『Spark』(上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト)

 アルバムの表題曲でもある「Spark」は、スパークという言葉が示すとおり、まさに“火花”が散るようなセッションが繰り広げられる。続けざまに出される速いパッセージと、リズミックなプレイの応酬。その様子からは、演奏者が「楽器のプレイヤー」であると同時に「音楽という“競技”のプレイヤー」でもあるという感想を持つ。オーディオ的には、音の立ち上がりや立ち下がりの正確さ、低域の分解能力、各楽器の定位感などを知る上でいい音源となる。

 セッションの主役はリズム楽器のように演奏されるピアノだろう。もちろん、ピアノの音色感、骨太で重量感を伴ったタッチなども存分に感じ取れるのだが、圧倒されたのは、Signature エアモーションが持つ、すさまじい低域の再現力だ。

 「空間に低域が満たされる」と書くと、ちょっと月並みかもしれないが、風圧感を伴って沈むバスドラムの質感や、タムタムの下にズーンと広がるベースの深さには感心させられた。地を這うように広がるベースが、部屋の中に充満し、飽和する感じまで再現されている。収録現場には足を運んだことは当然ないのだが、この音を聴くだけで「録音ブースの広さはこのぐらいのはずだ」といった想像までできてしまう。

 実際、後日ネット検索で、アルバムのトレーラー映像を見つけたのだが、録音ブースの大きさが、音だけで感じた広さや雰囲気と、ほぼ近いイメージであったのは驚いた。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画