このページの本文へ

DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ徹底大特集第19回

目標歩数までしっかり歩こう

ディーゼル人気スマートウォッチ「歩数計測」スパルタ式で厳しい

2018年12月28日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
この画像、写真がヘタなわけではなく、あまり歩いていない状態でして……

 運動不足解消の基本は歩くこと。そのため、DieselOnのWear OS by Google採用 タッチディスプレー搭載スマートウォッチ「Full Guard 2.5」には、歩数測定用のアプリ「Step Goals」がインストールされています。

歩数測定用のアプリ「Step Goals」を試してみよう

アプリ一覧から「Step Goals」を選択する

 「Step Goals」を起動させると、「200」から「30000」まで200ごとに数字が並んでおり、目標設定がセットできます。標準では「10000」にセットされているので、自分が目標とする歩数を入力しましょう。

スワイプで目標歩数をセットする

 現在どれくらい歩いているかは、サブダイヤルのある一部のウォッチフェイスで確認可能。たとえば「FLICKER」ならサブダイヤルが2つあるので、どちらかを歩数表示にできます。表示方法はウォッチフェイスを長押しして設定アイコンをタップ。表示したいサブダイヤルをタッチして「DIESEL」を選び、さらに「アクティビティ」を選択します。

ウォッチフェイスの変更画面を表示し、歯車を模した設定アイコンをタップ
左の心拍数を表示しているサブダイヤルをタップ「DIESEL」を選択する
「アクティビティ」を選ぶと、歩数表示となるサブダイヤルに歩数が表示された

 細かい歩数表示は不要だけど、目標の歩数にどれくらい到達しているかだけを知りたい場合は、「Dial Effect」の「アクティビティモード」がオススメ。まずはアプリ一覧から「Dial Effect」を起動して、モードを「アクティビティモード」に変更してみましょう。

「Dial Effect」で「アクティビティモード」を選ぶ

 「アクティビティモード」ではディスプレーがホコリで覆われたようなエフェクトがかかり、設定した目標歩数に近づくほどクリアになっていきます。つまり目標歩数までしっかり歩かないと、時計が見にくいわけです。

達成度が低いと曇って見にくい50%くらいの達成度でもうっすらと覆われている目標歩数を達成するとクリアになる

 あえて時計として使いにくくすることで、キッチリ達成をうながすスパルタ方式なので、毎日しっかりと歩こうという気になりそうです!


カテゴリートップへ

この連載の記事