このページの本文へ

パーツの動作・性能を比較検証するのに便利

自作PC×2台を同時に動作検証できる「2段PCチェック台」、上海問屋より

2018年12月20日 15時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は12月19日、2台の自作PCを同時に検証する際に便利な「2段PCチェック台」を発売した。

 CPUやメモリなどを装着したマザーボードを固定できるアクリル板ケース。ケースの干渉がないのでロングタイプのビデオカードも装着できる。HDD用のブランケットとPCI設置用のピラーを付けるだけで簡単に組みあがり、2台分のPCパーツを設置できるためパーツの性能比較などに便利という。

2枚のアクリル板にピラーを立てて利用する 

 ドライブ用ブラケットは3.5型/2.5型両方に対応し、3.5型ドライブは2台、2.5型は3台設置可能。最大マザーボードサイズはネジ位置が305x244mm。サイズはおよそ幅425×奥行き293×高さ230mm。価格は7018円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ