このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GALLERIA GAMEMASTERでの試遊や配信ブース、イベントステージも!

C4 LANをより楽しめて癒されるサードウェーブブース、仮眠室提供

2018年12月08日 17時30分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「C4 LAN 2018 WINTER」にサードウェーブがプラチナサポーターとして協賛、ブースを出展

 サードウェーブは、12月7日から9日までベルサール高田馬場で開催中の「C4 LAN 2018 WINTER」にプラチナサポーターとして協賛、ブースを出展している。また、予約制で同社のゲーミングパソコン「GALLERIA GAMEMASTER」の貸し出しも実施していた。

「GALLERIA GAMEMASTER」の貸し出しを実施

GeForce RTX 20シリーズを体験
未発売のインディーゲームがプレー可能

 サードウェーブのブースは、会場入ってすぐにあった。ブースにも、GALLERIA GAMEMASTERのGeForce RTX 20シリーズ搭載モデルを設置し、未発売のインディーゲーム「BATTLLOON - バトルーン」「カニノケンカ」「シューフォーズ」3タイトルが体験できる。体験した参加者には、ノベルティーもプレゼントする。加えて、こちらもGeForce RTX 20シリーズを搭載する「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」動作確認ずみモデルで、実際にCoD:BO4をプレーできる。

GeForce RTX 20シリーズ搭載モデルを設置し、未発売のインディーゲームが遊べる
シュールすぎるカニノケンカを、爆笑しながらプレーした
「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」動作確認ずみモデルを設置

 ブースでは、ゲーミングデバイスやPCパーツ、パソコン周辺機器などを販売。C4 LANでは、自分のパソコンを持ち込んでゲームする参加者が多いため、周辺機器を忘れる……なんてこともしばしば。取材中に、さっそくケーブルを買いに来る参加者も見受けられた。加えて、抽選でゲーミングデバイスが当たる「ドスパラガチャ」も用意。無印が出ても、ADATAのノベルティーが手に入る。そのほか、工具の貸し出しも実施していた。

ゲーミングデバイスやPCパーツ、パソコン周辺機器などを販売
抽選でゲーミングデバイスが当たる「ドスパラガチャ」を用意
パソコンにパーツを取り付けたりするスペースと工具も貸し出し

前へ 1 2 次へ

関連サイト
コンテンツ