このページの本文へ

Cooler Master「Wraith Ripper」

Ryzen Threadripper専用の巨大クーラーがデビュー

2018年11月21日 23時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cooler Masterから、Ryzen Threadripper対応のSocket TR4専用CPUクーラー「Wraith Ripper」(型番:MAM-D7PN-DWRPS-T1)が発売された。

Ryzen Threadripper対応のSocket TR4専用CPUクーラー「Wraith Ripper」

 COMPUTEX TAIPEI 2018でも展示された「第2世代Ryzen Thredripper」対応のハイエンドCPUクーラー。左右対称にレイアウトされた7本のヒートパイプとデュアルタワーヒートシンク、120mm口径の冷却ファン(回転数は0~2750rpm±10%、騒音値0~38dBA、最大風量76.4CFM)で構成される。

エアガイドアーマー「WRAITH ARMOR」の内部に120mm口径の冷却ファンを搭載。デュアルタワーヒートシンクを冷却する

 専用デザインのエアガイドアーマー「WRAITH ARMOR」を備えており、ヒートシンク内にエアフローを行き渡らせ、ヒートスポットを解消するという。なお、アーマーにはアドレサブルRGB LEDを搭載。AMD公式RGBソフトウェアによって、イルミネーションのコントロールが可能。サイズは132.3(W)×150(D)×160.5(H)mm、重量は不明だが、1kgを越える重量級となる点には注意が必要だ。

 価格は1万8144円。パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。

Socket TR4対応のためベース部分は広い

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中