このページの本文へ

産業機器や工作機器、IoTなどをマルウェアから防御

マカフィーの組み込みシステム用セキュリティーがDMG森精機に標準採用

2018年11月02日 14時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「McAfee Embedded Control

 マカフィーは11月2日、「McAfee Embedded Control」がDMG森精機のヒューマンマシンインターフェース「CELOS」への標準採用が決定したと発表した。

 McAfee Embedded Controlはホワイトリスト機能と整合性モニタリング技術により、組み込みシステムにおいてマルウェア実行などを防ぐセキュリティーソリューション。IoTデバイスや産業機械、工作機器などでのマルウェア被害や情報漏洩のリスクを抑える。

 DMG森精機は工作機械メーカー最大手。以前から情報セキュリティー強化に取り組んでいたが、工作機械としての可用性を損なわずにより堅牢なマルウェア対策を行なうため、McAfee Embedded Controlの採用を決定したという。2019年6月出荷分の機器より標準採用される。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる