このページの本文へ

日々進化し続けるサイバー脅威の対処に注力

McAfee SIAがパートナー追加で152社に拡大 サイバー脅威の課題に取り組む

2018年10月25日 16時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マカフィーは10月25日(日本時間)、McAfee Security Innovation Alliance(以下、McAfee SIA)に、新たに17社のパートナーが加わり、16社のソリューションが統合認定されたと発表した。これにより、McAfee SIAのパートナーは152社となった。

ニュースリリースサイトから

 2018年第2四半期のMcAfee Labs脅威レポートによると、240件以上のセキュリティー事案が発生し、サイバー攻撃が技術と規模の両面で拡大し続けていることが判明。過去1年でランサムウェアは57%増加し、マルウェアは34%増加したという。日々進化し続けるサイバー脅威という課題に取り組むため、パートナーのさらなる拡大に至ったとのこと。新たに追加されたパートナーとソリューションは以下のとおり。

■パートナー企業

・Atos
・Aujas
・Corsa Technology
・CyberX
・Cyber Observer
・DB Cybertech
・Fidelis Cybersecurity
・Idaptive
・Indegy
・IntSights Cyber Intelligence
・Ipswitch
・Ping Identity
・Seclore
・Silver Peak
・SpyCloud
・Two Six Labs
・WireX

■ソリューション認定された企業

・Agat Software
・D3 Security
・Deep Secure
・Dropbox
・Ericom Software
・Extreme Networks
・HP Inc
・IBM Security(Resilient)
・Intel Authenticate
・Menlo Security
・Minerva Labs
・MobileIron
・ObserveIT
・Resolve Systems
・SAS
・Syncurity

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる