このページの本文へ

McAfee MVISION Cloudと組み合わせて強力なセキュリティーソリューションを提供

マカフィー、Atosのサイバーセキュリティー製品をMcAfee Compatibleに認定

2019年10月31日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Atosのウェブサイト

 米マカフィーは10月3日(米国時間)、Atosのサイバーセキュリティー製品をMcAfee Compatible製品として認定、マカフィーのSecurity Innovation Alliance(SIA)プログラムの一部としてポートフォリオに加わったと発表した。

 データ保護や暗号化を行なう軍用にも耐え得るハードウェアセキュリティーモジュールの「Trustway」と、コンプライアンスの規制に遵守して重要なリソースへの安全なアクセス制御を提供するユーザーアクセス管理製品「Evidian」の2製品。

 AtosはマカフィーのSIAによって「McAfee MVISION Cloud」に対して認定された最初のパートナーとなる。McAfee MVISION Cloudと組み合わせることで、ユーザーのマルチクラウド環境全体でデータ暗号化やユーザーアクセス管理のニーズに対して、コントロールを強化できるという。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる