このページの本文へ

世界初とする49インチ曲面デュアル QHD モニターに注目

デル、49型ワイド曲面ディスプレーと54.6型4Kディスプレーを発表

2018年10月16日 17時15分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは10月16日、49型の曲面ディスプレー「U4919DW」と4K解像度の54.6型ディスプレー「C5519Q」を販売すると発表。U4919DWは10月26日から、C5519Qは10月17日から販売を開始する。

U4919DW

 U4919DWは、金融サービス業や保険、メディア編集、プログラミングなどの業務向けディスプレー。世界初とうたう49型の曲面デュアルQHD液晶(5120×1440ドット)を搭載し、没入感ある作業体験を可能にする。

 2台のソースPCのコンテンツを1台のスクリーンに分割表示できるPBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)を採用。KVM(キーボード、ビデオ、マウス)機能により、1つのキーボードとマウスで2台のPCを切り替えられる。

 USB Type-Cだけで充電や動画・データ送信ができるため、煩わしいケーブル配線を排除することに成功したとのこと。そのほか、マルチタスク機能、ブルーライトの発生を抑制するComfortView、32:9のアスペクト比などを採用。価格は16万7378円。

C5519Q

 C5519Qはビジネス向けに設計されたディスプレーで、ミーティングに最適とされている。4K映像で印象的なビジュアルとインパクトのあるプレゼンテーションを実現できるという。ディスプレーの側面にある多用なポートによって、あらゆるデバイスと接続ができる。価格は14万6858円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー