このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スタートアップや小規模法人、個人事業主の悩みをクラウドサービスで解決

未払い、請求漏れ……フリーランスのお金問題はMisoca×弥生で解決

2018年10月19日 11時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
弥生 マーケティング部 木下雅史さん。弥生のプロダクトやMisoca全般を担当

 起業したばかりの小さな会社の経営者やフリーランスにとって、お金の管理は悩みのタネ。本来の業務だけに集中したいけれど、事業として生計を立てるには、お金の出入りをきちんと把握することが大事です。忙しいからといって、請求書の発送や入金確認を怠っていると、入金の遅れや未払いなどのトラブルを招きかねません。そこで、クラウド請求管理サービス「Misoca」を使ってみては。請求書の発行から入金確認、さらには会計ソフトの弥生シリーズと連携して、帳簿の記入や確定申告書類の作成まで、経理事務をほぼ自動化でき、お金の管理がグンと楽になります。

 Misocaを活用した経理事務の効率化のポイントと、上手な使い方を弥生株式会社の木下雅史さんに訊きました。

納品書や請求書送付などの経理業務に忙殺されてませんか?

見積、納品、請求書、経理までクラウドサービスに丸投げできる!

 営業から経理まで、一人ですべてをこなさなくてはならないフリーランスは、請求書の作成などの経理業務はできるだけ効率化して、本業に専念したいですよね。

 見積書や請求書の作成には、表計算ソフトのテンプレートなどを利用している方が多いのでは? 使い慣れた表計算ソフトならデータの入力や集計は簡単ですし、見積書から請求書への金額をコピーペーストするだけなので、さほど負担に感じてはいないのではないでしょうか。

 実際、請求書をつくる手間は、表計算ソフトに入力するのもMisocaに入力するのも変わりません。「請求書が簡単につくれる」こと自体は、業務効率化の要因にはならないのです。効率化のポイントは、作成した請求書をどのように処理して、お金の管理にどうつなげるか、にあります。

 見積書や請求書を作成したあとの管理はどうしていますか? 表計算ソフトで取引先ごとにファイルを作成している場合、シートやファイルが大量に増えて重くなってしまうことはないでしょうか。また、コピーや修正が簡単にできてしまうため、やり取りの途中で金額の変更や修正が起こった場合、誤ってシートの上書きや削除をして、あとから確認できなくなることもあります。

 納品すると安心して、請求書の発送や入金確認が遅れてしまうこともあるでしょう。また、請求書を送りっぱなしで、帳簿への記帳までは、とても手が回らないのではないでしょうか。

 Misocaを使うメリットは、こうした見積書/納品書/請求書の作成だけでなく、相手に送ったかどうか、入金済みかどうかといった処理状況の確認や、会計ソフトへの転記を自動化できることにあります。また、取引のデータをクラウドで管理することで、誰に、いつ送ったのか、やり取りの履歴が残り、紛失や改ざんが防げるのも大きな利点です。

Misocaでできること:
請求書の作成から経理処理までおまかせ!

・見積書/納品書/請求書の作成
・発行/請求/入金済みどうかのチェック
・メール送信、請求書の郵送代行
・請求金額の月別レポート
・会計ソフトへの自動入力

前へ 1 2 3 次へ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新