このページの本文へ

実証実験プロジェクトを全国から募集!

福岡市がAIやIoTを活用したスポーツテックの実証実験を募集

2018年09月05日 06時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
福岡市実証実験フルサポート事業サイトから

 福岡市は9月4日、スポーツテックに関する実証実験を全国から募集すると発表した。AIやIoTなどを活用して、多くの市民が気軽にスポーツに親しめる環境づくりを進めるとともに、民間企業などの取り組みを加速させるのが狙い。

 2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年の世界水泳選手権など3年連続で国際スポーツ大会が開催されるのが契機だとする。

■募集対象  AIやIoTなどの先端技術を活用により、気軽にスポーツを「する」、「みる」、「支える」ことに繋がる実証実験プロジェクト

■応募資格  上記プロジェクトを実施できる事業者

■サポート内容  実証フィールド提供、後方支援、行政データ提供、規制緩和検討、助成金
※助成金は、採択プロジェクトのうち、特に優秀と認めるプロジェクトの実証実験費用への助成に限る。

■募集期間  2018年9月4日(火)~10月31日(水)(必着)

■審査会  2018年11月中に開催予定。プレゼン審査で採択プロジェクトを決定。

カテゴリートップへ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ