このページの本文へ

LGエレクトロニクス「32GK850F-B」、「32GK650F-B」

LG初のVESA DisplayHDR 400対応144Hzゲーミング液晶

2018年07月26日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGエレクトロニクスから、同社初のVESA DisplayHDR 400対応液晶ディスプレー「32GK850F-B」が登場。今日26日から販売がスタートした。なお、下位モデル「32GK650F-B」も同時に入荷している。

VESA DisplayHDR 400対応液晶ディスプレー「32GK850F-B」。3辺はベゼル幅がわずか1.2mm、非表示領域を合わせても9mm以下(上左右)という極薄フレームレスVAパネルを採用

 「32GK850F-B」は、QHD(2560×1440ドット)解像度やリフレッシュレート最高144Hzに対応する31.5インチ液晶ディスプレー。HDR10やVESAがPCディスプレーのHDRに関する標準規格として策定したエントリークラス向けの“VESA DisplayHDR 400”に対応。また、低遅延HDRゲーミングを可能にする「Radeon FreeSync 2」にも対応する。

 そのほか、フレームバッファを経由せず直接映像を表示して遅延を抑える「DASモード」、黒挿入によって残像感を軽減する「1ms Motion Blur Reduction」、映像の暗くて見づらい部分を認識し、暗い部分を明るく映し出す「ブラックスタビライザー」、さらに画面上に照準マークを表示させてターゲットを狙いやすくする「クロスヘア」など、充実したゲーミング機能を搭載。 目に優しい「ブルーライト低減モード」「フリッカーセーフ」も用意されている。

ツクモパソコン本店で展示されているのは上位モデル「32GK850F-B」。HDR10やVESA DisplayHDR 400、「Radeon FreeSync 2」にも対応する

 本体サイズは715(W)×272(D)×494~604(H)mm、重量8.3kg。モニター画面3辺はベゼル幅がわずか1.2mm、非表示領域を合わせても9mm以下(上左右)という極薄フレームレスVAパネルを採用する。

 そのほか主なスペックは、輝度400cd/m2、コントラスト比3000:1、応答速度5ms(GTG High)。インターフェースがDisplayPort×1、HDMI×2、USB 3.0×3(アップストリーム×1/ダウンストリーム×2)、ヘッドフォン出力で、2W×2のスピーカーを搭載。

HDR機能やUSB 3.0ハブ機能、FreeSync対応の下位モデル「32GK650F-B」も販売中だ

 価格は「32GK850F-B」が5万4980円(税抜)、HDR機能やUSB3.0ハブ機能、FreeSync対応の下位モデル「32GK650F-B」が4万4980円。ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.(「32GK850F-B」のみ)、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店(「32GK850F-B」のみ)で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中