このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第491回

万年筆並み? 72gの超軽量折り畳み傘「Pentagon72」を衝動買い

2018年07月25日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
一般的なスマホの半分くらいの軽さ。たった72gの超軽量傘を衝動がした
一般的なスマホの半分くらいの軽さ。たった72gの超軽量傘を衝動がした

 元々関西人の筆者には、幼稚園の頃から絶対的に嫌いなものがある。それは雨傘だ。

 傘をさして歩くのが面倒で嫌なのだが、それより100倍嫌なことは、天気予報で雨の予報がされたときに母親やワイフが持って行けと言って渡される傘の存在だ。

 確率的に降るか降らないか、ほとんどイーブンなのに傘なんて持ち歩けない……というのが常に心のどこかにある。そういうダメな性分なので、頑固に傘を持たずに出かけて、結局雨に降られることが多い。

 雨に降られて濡れるのも嫌なので、その時にコンビニで500円傘を買うことはまったく違和感がない。そして、雨が止んでしまうと今度は持っている傘が邪魔になってくる。

傘嫌いの筆者の理想の傘はモンブランの太い万年筆くらいの傘だった 傘嫌いの筆者の理想の傘は、モンブランの太い万年筆くらいの傘だった

 モノつくりも大好きなそんな筆者の野望は、いつか愛用のモンブランの万年筆「マイスターシュテュック149」くらいの太さ、大きさの傘を作ることだった。

 その心は雨予報なら、躊躇なく万年筆のように内ポケットに忍ばせることができるからだ。持っていることを意識させない、感じさせないそういう傘が理想だった。

 何年かそんなことを妄想している内に、なんと72gの超軽量傘が登場してしまった。筆者が衝動買いしたのは、「Pentagon72」(ペンタゴン72)と名付けられた超軽量級の傘だ。

 そして、筆者がバッカーとなったPentagon72が届いたのは梅雨入り前の5月末だ。

想定外の軽さでびっくりの「Pentagon72」

宅配便で届いたPentagon72を受け取ったとき、何も入っていないんじゃないか? と感じた
宅配便で届いたPentagon72を受け取ったとき、何も入っていないんじゃないか? と感じた
クラウドファンディングで購入したPentagon72が届いたのはまだ梅雨がはじまる前だった クラウドファンディングで購入したPentagon72が届いたのはまだ梅雨がはじまる前だった

 実際に万年筆と比べるとまだ大きい感じはするが、持った時のその軽さは想定外だと感じた。

 郵便配達のおじさんから宅配便で届いたPentagon72を受け取ったとき、マジで中に何も入っていないんじゃないか? と一瞬思ったくらいだ。

理想の万年筆サイズと比較するとまだ大きいが、実際に持ってみると見かけの大きな分だけ余計に軽く感じてしまう 理想の万年筆サイズと比較するとまだ大きいが、実際に持ってみると見かけの大きな分だけ余計に軽く感じてしまう
筆者の持ってるスマホで2番目に軽いiPhone SEが実測で113gだ Pentagon72はその名前の通りたったの72g!会う人みんなに持たせると感動して絶賛だ
筆者の持ってるスマホで2番目に軽い「iPhone SE」が実測で113gだPentagon72はその名前の通りたったの72g! 会う人みんなに持たせると、感動して絶賛だ

 Pentagon72は、四半期ごとに大きくなってゆくスマホの中にあって、軽くてコンパクトなサイズが人気の「iPhone SE」よりまだ35%以上軽く、一般的な傘と比較すると半分から4分の1の軽さだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン