このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アプリとのオープンな連携を実現、“ネットワークプログラマー”拡大目指す―「Cisco Live! 2018」レポート

シスコ「インテントベースネットワーク」がいよいよ完成形に

2018年07月04日 07時00分更新

文● 谷崎朋子 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“ネットワークプログラマー”拡大に向けて、日本でもセミナーなど開催へ

 Cisco Live!会場内に設けられた「DevNet Zone」は、今年も大盛況だった。今年は新たに、ネットワークやWAN、LAN、データセンター構築関連のコーディングを学ぶ「インフラ開発者向けゾーン」と、「WebEx Teams」や「Meraki」などから得られるインサイトデータを活用するコーディングを学ぶ「アプリケーション開発者向けゾーン」に分割され、来場者のニーズに応じたコンテンツを提供する工夫がなされた。

Cisco Live!「DevNet Zone」の様子。基礎を学べるDevNet Classroomはどこも立ち見が続出していた

 日本におけるDevNetの取り組みについて高田氏に聞くと、昨年は「DevNet Express for DNA」を3回開催したという。これはハンズオンと座学が中心のイベントだったが、今後はプログラミングやAPI活用のテーマも取り上げていく計画だと語った。また、米国ではDNA CenterをベースにAPIによる自動化を学ぶ最新のトレーニングが開催されており、年内には日本でも同様のコンテンツを提供すべく検討中だ。

訂正とお詫び:初出時、上述の開発者向けイベントの名称が誤っておりました。現在は修正済みです。(2018年7月5日)

 DevNetの日本語コミュニティもすでに立ち上がっている。今のところはシスコサポートコミュニティから日本語/英語の両方で問い合わせができ、シスコのエンジニアが回答するかたちだが、高田氏は「今後はコミュニティのメンバーがお互いに支え合えるよう支援していきたい」と展望を明かす。

 「昨年、インテントベースネットワークが発表されて以降、ユーザーからの問い合わせも増えている。ネットワークの変革を推進できるよう、いろいろと仕掛けていきたい」(高田氏)

DevNet Learning Labsの「コネクテッドシティ」コーナーでは、Cisco Meraki、Cisco WebEx Teams、Finesse、Cisco KineticなどのAPIを使って駐車場やビルをスマート化するハンズオンが開催

* * *

 インテントベースネットワークへの取り組みは、シスコの顧客やパートナーにおいてすでに始まっている。あとはシスコ1社の枠を越えて、ネットワーク業界全体にその取り組みが広がるかどうかだろう。

 基調講演では、映画「パワーレンジャー」の劇中歌として使われたThe Scoreの「Unstoppable」が流れた。「私たちはどこにいたってヒーローになれる」。“コスト部門”と言われてきたネットワーク部門は今こそ変わるときだ、ネットワークエンジニアよ立ち上がれ、と鼓舞するメッセージにも聞こえる。

 果たしてシスコのインテントベースネットワークは、パラダイムシフトとしてネットワーク業界を変革するだろうか。日本国内での動きも含め、今後の展開に注目したい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ