このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第279回

紙の新聞のスクラップをスマホでするiPhone用アプリの活用ワザ

2018年06月25日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気軽にスクラップできるが
新聞をちゃんと読むキッカケにもなる

 いろいろな記事を取り込んでみたが、新聞でも赤枠を使っていたり、画像が配置され、正確に認識しないこともあった。そんな時は、取り込んだ画面の「切取り」をタップし、記事の選択部分を指定すればいい。赤い丸をざっくりとドラッグすればいいだけなので、さほど手間はかからない。

 赤い線はある程度太い方がよく、できるだけまっすぐに、そして途切れないように引くことが重要。その点でも、専用ペンは太い線を引けるのでオススメだ。

 実際に新聞で取り込んでみたが、フルカラーの雑誌よりきれいに取り込めたうえ、文字の認識率も高いように感じた。英字新聞でも試したところ、きちんと認識し、キーワード検索も有効だった。

他に赤線があったり、線と写真などが近くにあると誤認識することも

「切取り」をタップして、取り込む領域を選択する

記事部分をきれいに切り取れた

写真はイメージなのでモザイク処理をしているが、実際には英字新聞も綺麗にクリッピングしてくれるので安心を

記事内のキーワードを列挙して検索結果を返してくれる

 記事のどこに注目したのかをメモしたり、後で検索しやすいようにタグをつけておくことができる。該当部分にマーカーを引いたり、囲んだりできるのも便利。なんとなく写真を撮りためるのではなく、ピンポイントの情報にフラグを立てておくことによって、再利用性を高めておけるのは〇。後で見返すモチベーションにもなる。

 マーカーや図形の色は3色から選べ、線の太さも調整できる。ただし、透明度の調整はほかの色の選択はできない。もっと蛍光色が選べるとうれしいところだ。

画像の下にある「マーカー」をタップする

「マーカー」をタップすると、任意の場所にハイライトを付けられる

「囲み」をタップすると、円もしくは四角で囲んだり塗りつぶしたりできる

「情報」をタップする

保存名やコメントなどを入力できる

「タグ」をタップし、検索用のキーワードを設定しておける

一覧画面の右上にあるタグアイコンをタップすると、タグで絞り込める

 有料版の場合は、記事合成機能も利用できる。関連する記事を同じ画面にまとめられるので、複数の新聞を閲覧していても、スマートに管理できるのが便利。アルバムのようなアイコンをタップし、取り込んだ複数の記事を選択すればいい。画像や記事をその場で使いしたり、任意の場所に文字を載せることも可能だ。

アルバムアイコンをタップする

複数記事をまとめて管理できる

 今回は画像で見せられなかったが、新聞にイレギュラーな段組みも、赤ペンで囲みさえすればきっちり切り取ってくれる。紙媒体のクリッピング特化というアイディアはニーズにはまればとても便利。毎朝新聞を読んでいるなら、試してほしいガジェットである。どの記事を取り込み、どの記事を取り込まないかを判断する必要があるので、さらに真剣に新聞を読み込むことになりそうだ。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン