このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第4回

Apple Watchとの一体化は不明:

アップル医療事業に参入? 血圧計の特許を出願

2018年06月11日 19時45分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップルによる特許の説明画像

 アップルがApple Watchのように腕に巻いて使う腕時計型の血圧計の特許を出願したことを、米メディアThe Vergeが6月7日に伝えている。

 出願された特許の中身は、腕時計型のウェアラブル血圧測定デバイスだ。空気によってふくらむ複数のエアバッグと圧力センサーによって、ユーザーの腕や足の血圧を測る仕組みとなっている。

 この血圧測定デバイスはタッチスクリーン機能を持つディスプレーと、測った血圧をほかの端末に送る通信モジュールを備えている。

 まるでApple Watchに血圧測定システムがついたようだが、機能を一体化するのか、それとも別のデバイスとして発売するのかは不明だ。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中