このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2018レポート第24回

世界初のヒートパイプ採用M.2ヒートシンク「Frostbit」をCRYORIGブースで見た!

2018年06月07日 20時40分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月5日に開幕した「COMPUTEX TAIPEI 2018」のCRYORIGブースでは、事前に発表されて話題になった世界初のヒートパイプ採用M.2 SSDヒートシンク「Frostbit」の実物を見ることができた。

グラフィックスボードへの干渉にも対策し、最大20度の温度低下を実現

Frostbitの各パーツ。
下のベース部分だけでも約10度の冷却効果がある
約1mmの超薄型ヒートパイプ

 Frostbitは、ベースとなる約1mmの超薄型ヒートパイプの付いたヒートスプレッダと、大型のヒートシンクに直結した直径6mmのヒートパイプを組み合わせてM.2 SSDを冷却する構造が特徴。

 1mmヒートパイプの付いたベース部分は単独で使用することもでき、この場合は約10度の温度低下を実現する。とはいえ、大型ヒートシンクをわざわざ装着しない意味はあまりないので、どうしても他のパーツと干渉するような場合に限られるだろう。

大型ヒートシンクを装着した状態
M.2 SSDを挟み込むように装着する
ヒートシンク部分は角度の調節が可能

 この製品の真価が発揮されるのは、大型ヒートシンク+ヒートパイプ装着時だ。これにより最大20度の温度低下が見込めるため、発熱が気になる高性能なM.2 NVMe SSDとあわせて使用したい。

 大型ヒートシンク装着時は見た目のインパクトもなかなかのものだが、このヒートシンク部分は上下に角度を調節できるため、大型のグラフィックスボードとも干渉しにくいのがうれしい。なお、本製品には大型ヒートシンクのヒートパイプとベース部分の接続時に使うグリスが付属するとのこと。

 担当者に尋ねたところ、市場への投入は2018年第3四半期を予定しているという。冷却面での恩恵はもちろん、ユニークな外見が気になっている自作PCユーザーは多いと思うが、楽しみに待とう。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン