このページの本文へ

ASCIIアイドル倶楽部 定期公演 第12回

ドローンが客席に飛んでいくアイドル現場!?「ONEPIXCEL」×「DEAR KISS」2マン公演

2018年05月21日 20時30分更新

文● さかな亭さめ 撮影・曽我美芽

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

思わず身体が動き出すDEAR KISSのパフォーマンス

 DEAR KISSは、歌とダンスをこよなく愛する四島早紀、齋藤里佳子、ののこ、山崎みいわによる4人組ダンスボーカルユニット。4月29日からは伊山摩穂が加入し、5人体制になった。

 1曲目は「Dearest」からスタート。クラップで観客を巻き込み、会場は一気にヒートアップ。セクシーで大人っぽいダンスチューン「シェキナ」。MCを挟み「インディビジュアル『A』」、「Step and Shout」と続く。「ため息の世界はいらない」は4月17日にリリースされ、オリコンデイリー1位とウィークリー10位を獲得したニューシングル。サビでの指をL字にした振り付けが印象的で、ファンも振りに合わせて踊っており、客席がダンスフロアになったかのような大盛り上がりのステージとなった。

 最後は、そっと背中を押してくれるようなメッセージソング「Yes Smile」で締めくくった。ビートとパフォーマンスにつられて思わず身体が動き出すファン達の姿と、気持ちよさそうに踊るメンバー達の笑顔が印象に残ったライブだった。

■セットリスト
1.Dearest
2.シェキナ
3.インディビジュアル「A」
4.Step and Shout
5.ため息の世界はいらない
6.Yes Smile

■関連サイト

【次ページはONEPIXCELライブレポート】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ