このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ASCIIアイドル倶楽部 定期公演 第12回

ドローンが客席に飛んでいくアイドル現場!?「ONEPIXCEL」×「DEAR KISS」2マン公演

2018年05月21日 20時30分更新

文● さかな亭さめ 撮影・曽我美芽

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ガチなダンスとゆるいMCがクセになるONEPIXCEL

 「ONEPIXCEL」は、「FREE&EASY~自由に自然体で~」をコンセプトとした、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人組ユニット。

 疾走感のあるロックサウンドとラップが特徴の「Analoganize」からスタート。「TONDEKE」では、曲の前にサビ部分の手の振りをメンバーが客席にレクチャー。自然と身体が縦ノリして、心が弾んでしまうようなポップなリズムに合わせて「トンデケトンデケ シェケナベイベー~」のサビで観客が一体となって踊っていた。

 続く「LAGRIMA」は3月7日にリリースした彼女たちのメジャーデビューシングルのタイトル曲で、アニメ「ドラゴンボール超」のエンディング曲にもなっている。ロングトーンの掛け合いと、星々を巡っているような豊かなバリエーションのダンスは広大な宇宙を思い起こさせた。見事に息の合ったダンスと、何かと自分たちの動画をYouTubeで視聴することを勧めがちなゆるふわなMCのギャップがクセになるパフォーマンスだった。

■セットリスト
1.Analoganize
2.Howling
3.TONDEKE
4.LAGRIMA
5.monochrome
6.One2Three

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ