このページの本文へ

「K3003」と併売する意味を考える

AKGが考える現代のイヤフォンシーン 「N5005」レビュー

2018年05月05日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 製品の形としては「N40」などの流れをくむNシリーズのデザインだが、実際に着けてみた感触はダイナミックを含めて5つものドライバーを詰め込んだモデルだけあって、ハウジングが少し大きい。そのため耳が小さい人にはフィッティングの問題が出ることが予想される。実際僕の耳にもフィット感は今ひとつで、付属イヤーチップのサイズを変えてもしっくりくるものはなかった。もし購入を検討しているならば、試聴でフィッティングまで確かめることをオススメする。

N5005という名前が示すとおり、ハウジングのデザインはNシリーズの流れをくむ。NはNeue(ノイエ:ドイツ語の「新」を表す言葉)の頭文字だ

音のパワーとしっかり出る高音が特徴

 実際の音を確かめてみた。まずはリファレンスとして「Hotel California」「Waltz for Debby」、そしてヒラリー・ハーンの「バッハ:ヴァイオリン協奏曲」の3曲でチェック。プレーヤーはQuestyle「QP2R」を使用した。

 最初のHotel Californiaで一番に感じたのは、上から下までガッツリと音が出てくるということだ。低音分厚くて音が太く、とにかくパワーがある。ボーカルなどは非常にエネルギッシュで、ど真ん中で定位が安定しているのが印象的だ。

 それと同時に、発音ポイントが判りやすいとも感じた。ギターの撥弦はガリッとしており、細いスチール弦を使うアコギの高音と、エレキギターとの音の違いが鮮明で、音の細さ・太さの対比が非常に鮮やかだ。それにしてもこのイヤフォン、パワー全開な感じが凄い。音の高低や大小を問わず、どの音もとにかく出てくる。全域に渡ってとにかくフラットで、変なクセはほとんど感じない。

 ただし、音の色気はちょっと薄い。確かに凄い音ではあるのだが、のめり込むような魅力というか魔力というか、そういったやみつきになるものはこのイヤフォンの音からは感じられない。強いて言うと、アコギの高音にAKGらしいキラメキを感じるといったところだ。

Image from Amazon.co.jp
機材の良し悪しを聴き分けるのに最適な「Hotel California」冒頭のギター。AKGのハイブリッドイヤフォンは、この音が上も下も位相がズレずに出てくるのが特徴だ。加えてN5005は音が分厚く、圧倒される迫力を感じる

 次はジャズの定番Waltz for Debby。Hotel Californiaと同じく、やはりどの音もしっかり出てくる。上から下まで極めて自然で隙がなく、ハイブリッドの泣き所であるクロスオーバーの不自然さも嫌味な感じもない。それがこのイヤフォンの大きな強みだと思った。

 ダブルベースの弦を触る感じ、弾くニュアンスに、とても弾力を感じる。ポンポンというマルカートの音がとても心地良く、パワーとしなやかさの両立が必要なこの感覚は、バランスド・アーマチュアだけではなかなか出しにくい。音色に関しては、この曲を聴く限り傾向は少々ウェット目。特にスネアのブラシがしっとりしている。ピアノも実に骨太な音で、変に硬質な感じ、キンキンした感じはしない。それだけに鍵盤を叩く爪の音や弦を爪弾くカチッとした音との対比を、アクセント的に強く感じる。低音の弾みと高音のカリッとした質感の両立、これこそハイブリッドドライバーの大きな魅力のひとつだ。

Image from Amazon.co.jp
「Waltz for Debby」のダブルベースはポンポンと小気味の良いマルカートが印象的。音の粒も細かく、スネアのブラシ音や、ビル・エヴァンスがピアノの鍵盤を爪で叩くなどの細密な音が聴かれた

 ヒラリー・ハーンのバッハ ヴァイオリン協奏曲は、音の太さをさらに強烈に感じた。ヒラリー・ハーンのバイオリンはかなりの存在感で、それでいて悪目立ちせずにバックの楽団とうまく溶け込んでいる。音のパワーと太さがなせる技だ。嫌味なキンキン音もせず、いぶし銀的、あるいは艶消しマットブラック的な質感も魅力に感じた。

 通奏低音のチェンバロと上のバイオリンが喧嘩しないのも特筆点である。あまりよろしくないハイブリッドタイプだと、こういう音色の違う高音と低音で位相がズレて聴いていられなくなるのだが、N5005ではそういったことはない。正しくAKGハイブリッドモデルの血統だ。

 ただ、正直言うとこのイヤフォンの音は面白みに欠けると僕は感じる。特に顕著なのがダ・カーポ前のバイオリンソロだ。ヒラリー・ハーンのバイオリンはリファレンスとして様々な機器で何度も聴いているが、真に素晴らしいシステムではもっと強烈な倍音を伴った、身悶えする様な音がする。それが聴けるか否かが、僕がこの楽曲で最も重視している点だが、残念ながらN5005にはそれがない。この音の艶の有無が、N5005最大の泣き所だと僕は思う。

Image from Amazon.co.jp
バロックにしては非常にパワフルな演奏になったヒラリー・ハーンのバッハ。キンキンとした感じはなく、マットな質感の特徴的なサウンドだった

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中