このページの本文へ

Autodesk Maya、Adobe Creative Cloudの動作を確認した構成で販売

エプソンダイレクト、スペックを厳選した「クリエイターPC」3モデルを発売

2018年04月24日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左より、「Endeavor Pro5900 ゲーム開発Select」、「Endeavor MR8000 CAD設計Select」、「Endeavor NJ6100E 3DCG制作Select」

 エプソンダイレクトは4月23日、クリエイター業務に向けた「クリエイターPC」 3モデルを発表。受注を開始した。

 高負荷でも処理時間を短縮できる高性能パーツを厳選したほか、クリエイター業務で利用されているAutodesk Maya、Adobe Creative Cloudの動作確認を行なった構成としている。また、製品が故障した場合も修理センターによる「1日修理」で返送するという。

 「Endeavor Pro5900 ゲーム開発Select」は、インテルCore i7-8700プロセッサーやNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載、32GBメモリー、インテルOptaneメモリー(32GB)+2TB HDDなどを装備。価格は38万5600円。Core i7-8700KやNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiも選択可能。

 「Endeavor MR8000 CAD設計Select」は、インテルCore i7-7700やNVIDIA Quadro P2000を搭載。32GBメモリー、256GB SSD+1TB HDDなどを装備し、価格は32万5500円。Core i7-7700KやNVIDIA Quadro P4000も選択できる。

 「Endeavor NJ6100E 3DCG制作Select」は、インテルCore i7-7700や NVIDIA GeForce GTX 1050を装備する15.6型ノートPC。液晶表示は1920×1080ドット。32GBメモリーや256GB SSD+1TB HDDを搭載し、価格は24万3400円(いずれも価格は税抜き、送料別)。

 いずれのモデルもメモリーやストレージ、OSなどのカスタマイズが可能。また、ユーザーがソフトウェアの動作を事前に確認できる無料貸し出しプログラムを実施している(5月28日17時まで)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン