このページの本文へ

エプソンダイレクト、デスクトップ向けCPU・GPU搭載の高性能ノートPC発売

2017年08月29日 11時01分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクトは8月29日、デスクトップ向けのCPU・GPUを標準搭載し、演算能力を大幅に向上させたとうたう「Endeavor NJ6100E」を発表した。本日より受注を開始し、順次出荷開始する。

 Intel第7世代CPU“Kabylake-S”を採用し、標準モデルではCore i3-7100(2コア/4スレッド 3.9GHz)を、カスタマイズモデルではCore i5-7500(4コア/4スレッド 3.4GHz)に、Core i7-7700(4コア/8スレッド 3.6GHz)が選択可能。従来モデルに比べて最大約8%の演算能力向上を実現したとする。

 また、GPUにはNVIDIA GeForce GTX 1050を採用。こちらは、従来モデルに比べ最大約64%もの大幅な能力向上を実現し、デスクトップ向けパーツならではの高パフォーマンスが特徴的なノートパソコンだとうたう。

 ディスプレーは15.6インチのフルHD(1920×1080ドット)ノングレア液晶を、メインメモリーは4GBから最大32GB(DDR4 2400MHz)を選択でき、ストレージはPCIe M.2 SSD、SSD、HDDをそれぞれ用意している。本体サイズは幅374×奥行き252×高さ35mmで、重量2.6kg。価格は12万8952円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン