このページの本文へ

CRYORIG「C7 Cu」

全銅製ヒートシンクを採用するロープロCPUクーラーがCRYORIGから

2018年04月20日 23時52分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CRYORIGから、全銅製ヒートシンクを採用するロープロファイルCPUクーラー「C7 Cu」が発売された。最近では珍しい重量感(675g)たっぷりの製品だ。

全銅製ヒートシンクを採用するロープロファイルCPUクーラー「C7 Cu」

 アルミ製ヒートシンクを採用する全高47mmの超ロープロファイルCPUクーラー「C7」のバリエーションモデル。97(W)×97(D)×47(H)mmというサイズは変わらず、ヒートシンクおよびベース部分を全銅製に変更した。それにより、メーカーによるとC7と比較して15%近くの熱性能の向上を実現。TDP 115Wまで対応するとしている。

97(W)×97(D)×47(H)mmというサイズは変わらず、ヒートシンクおよびベース部分を全銅製に変更。重量は675gだ

 搭載ファンは、92mm(15mm厚)で回転数は600~2500rpmのPWM対応。ノイズレベル30dBA、風量40.5CFMというスペック。LGA 1150/1155/1156/1151、Socket FM1/FM2/FM2+/AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4に対応するほか、バックプレート、六角ナット、六角ドライバーが付属。

最新のRyzenでも使えるTDP 115Wまで対応

 価格は8078円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中