このページの本文へ

サイズ「超天」

「虎徹」のトップフロー版、新型CPUクーラー「超天」がサイズから発売

2018年03月15日 23時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズの新型CPUクーラー「超天」(型番:SCCT-1000)が登場。複数のショップで販売がスタートした。トップフロー型の最新モデルだ。

サイズの新型CPUクーラー「超天」の販売がスタート

 「超天」は、同社の人気モデル「虎徹」のトップフロー版というコンセプトで開発された新型クーラー。ヒートパイプの本数や高さなど、取り扱いやすさを総合的に調整したという。

 大型ヒートシンクは6mm径ヒートパイプ4本を組み合わせたもので、120mm PWMファン「KAZE FLEX」(回転数 300rpm~1200rpm/ノイズ4.0~24.9dBA/風量16.6~51.17CFM)を搭載。

「虎徹」のトップフロー版というコンセプトで開発されたトップフロー型

 サイズは130(W)×130(D)×120(H)mm(付属ファン含む)、重量550g。対応CPUはLGA 1366/1156/1155/1151/1150/775、Socket AM4/FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。インテルソケットはプッシュピン式、AMDソケットはフック式を採用する。

ニッケルメッキ処理済みヒートパイプは6mm径×4本。高さはファンを含め120mmとなっている

 価格は4298円。パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中