このページの本文へ

見守りカメラとして手頃な人気商品、多人数で見る楽しみ方も

アイ・オー・データのネットワークカメラにYouTube Live連携など新機能追加

2018年04月18日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「TS-WRLP」

 アイ・オー・データ機器は4月18日、ネットワークカメラ「Qwatch」のフラッグシップにあたるモデル「TS-WRLP」に新機能を追加した。YouTube Live連携と録画用microSDカードの状態診断機能が利用可能となる。

 TS-WRLPは無線LAN対応の屋内用ネットワークカメラ。人感センサー/気温センサー/湿度センサー/音センサーを備えており、動きの検出によって録画開始、ネットワーク通知機能などを持つ。

 YouTubeへのライブストリーム配信機能は、必要なサーバーURLやストリーム名/キーをTS-WRLPに設定することでカメラ映像をYouTube Liveに配信でき、多人数が同時に視聴するなどこれまでと違った利用が可能。録画用microSDカードの状態診断機能は、同社のmicroSDカード「MSD-IMAシリーズ」と組み合わせて利用する。カードの状態をカメラで取得し、映像を書き込みができない状態になった時などに通知されるもの。

 TS-WRLPは現在発売中で、価格は1万9008円。新機能は最新のファームウェアにより利用可能となり、自動アップデートを無効にしている場合などではサポートライブラリからダウンロードして管理画面からアップデートできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン