このページの本文へ

煩雑な経費精算を解消

ビバホームに「Paid」を活用した掛売りサービス

2018年04月05日 09時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラクーンは4月2日より、BtoB後払い決済サービス「Paid(ペイド)」をホームセンター「スーパービバホーム」「ビバホーム」「ヴィシーズ」(以下 ビバホーム)全店舗に導入すると発表した。

 事前のウェブ申し込みで発行される事業者向けカードを提示するだけで、全国のビバホーム店頭で掛売り決済できるサービス。入会金や年会費は無料で、商品購入時に2.5%のポイントが付与される。2017年7月よりスーパービバホーム三郷店に先行導入され「他の店舗でも早く利用できるようにしてほしい」など、多くの事業者より反響があったという。全店舗導入はこれを踏まえてのものとしている。

 工務店などの需要は、その日足りない資材をその日の朝に買い足す「足らず買い」が多く、経費精算が非常に煩雑になっていたという。こうした問題を解決するのが後払いシステムだと両社は説明。また、ラクーンは与信管理まで実施しているため、店舗側の未払いリスクを回避できるとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ