このページの本文へ

緊急地震速報、巨大地震での震度の予想精度が向上

2018年03月23日 20時10分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 気象庁は3月22日から、新たな手法を用いた「緊急地震速報」の提供を開始した。巨大地震が発生した場合の震度の予想精度が向上するという。

 2011年の東北地方太平洋沖地震で、震源から遠い関東地方でも強い揺れを観測したが、緊急地震速報(警報)を発表できなかった。これを踏まえて、気象庁は巨大地震にも対応できる新たな手法であるPLUM法の開発を進めた。PLUM法は、巨大地震が発生した際でも精度良く震度が求められる予想手法。震源や規模の推定はせずに、地震計で観測された揺れの強さから直接震度を予想する。

 緊急地震速報は、従来の手法とPLUM法の両手法での予想震度を比較(両手法をハイブリッド)し、大きい震度の予想を基に発表する。テレビ・ラジオなどの放送波、スマホを含む携帯電話による一斉同報機能(緊急速報メール、エリアメール)などは、PLUM法の予想を反映するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン