このページの本文へ

まるで4K映像が宙に浮いているようなデザイン

パナソニック、フレームレスデザインの「4KビエラFX800シリーズ」2機種を発表

2018年03月22日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「4KビエラFX800シリーズ」(TH-65FX800、TH-55FX800)

 パナソニックは3月22日、液晶テレビ「4KビエラFX800シリーズ」2機種を発表した。65V型の「TH-65FX800」と55V型の「TH-55FX800」が用意され、4月20日に発売する。

 いずれも映像を部分ごとに画像解析して適切な画像処理を施す「ヘキサクロマドライブ」により、ノイズ感の低減や暗部の忠実な再現、明部の白飛びを抑えるなどの画質向上を行なっている。HDRはUltra HDブルーレイの標準規格「HDR10」に加え、新4K8K衛星放送での採用が予定されている「HLG」に対応する。地上デジタル放送コンテンツも4Kにアップコンバートして高精細な映像で見ることができるという。

 本体は画面外周部をおよそ6mmに抑えたフレームレスなデザインを採用。最薄部はおよそ8mmとスリム化したこともあわせ、映像が宙に浮いているような印象を与えるデザインとした。また、端子部ケーブルカバーを装着してテレビ背面も美しく整理できるようにしている。本体はオプションの金具を用いて壁掛け設置も可能。

 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン対応。3チューナーを搭載し、W裏録画が可能(別売の外付けUSB HDDを接続する)。専用アプリ「Panasonic Media Access」を使って出先からでも放送中の番組や録画した番組の視聴が行なえるほか、2画面表示やビエラリンクにも対応する。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ