このページの本文へ

ワコムデジタイザ搭載 raytrektabの会場限定セットを販売

サードウェーブ、「COMIC CITY 大阪114」に出展

2018年03月22日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「raytrektab DG-D08IWP」

 サードウェーブは3月22日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」として「COMIC CITY 大阪114」に出展すると発表した。

 会場では筆圧感知機能を搭載した8型Windows 10タブレット「raytrektab DG-D08IWP」を展示し、セルシスのマンガ・イラスト・アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」での描き心地などを試せる体験会を実施。

 台数限定ながら会場での実機販売も行なう。raytrektab本体と通常販売価格6000円のサプライ品(替え芯、アンチグレアフィルムなど4点)をセットにした会場限定モデルは5万円。

 COMIC CITY大阪114は、インテックス大阪(4・6Bホール)にて3月25日10時~15時開催。出展ブースは6Bホール「Akabooデジタル体験ブース内 raytrek」。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ