このページの本文へ

便利に使える反面、安全への配慮や不慮の事故への備えも重要

電動アシスト自転車「踏み出しの急発進」が危険

2018年03月20日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
踏み出しの急発進など、従来の自転車にはない電動アシスト自転車ならではの危険性

 KDDIは3月20日、電動アシスト自転車に乗る人を対象としたアンケート調査「自転車の安全・安心利用に関する意識調査」の結果を発表した。

 電動アシスト自転車は販売台数にして前年比11%増となるなど利用者が増えているが、車との衝突だけでなく歩行者と衝突して加害者になるケースも発生している。アンケート調査の結果では、ユーザーの間ではとくに「ペダルを踏んだ時の急発進」が乗っていて危ないと感じた人が多いという。

便利に使える一方で、マナー違反も目立つ 

 長距離移動や坂道での負担軽減など重宝される電動アシスト自転車だが、対自動車、自転車同士、対歩行者などと事故を起こした経験がある人も多い。また、スマホを使いながらや傘差し運転、車道の逆走といったマナー違反も多いようだ。

自転車保険に関しては、認知度は高いものの加入する人はまだまだのようだ

 KDDIでは自転車向け保険「au自転車向けほけん」を提供しており、もしもの場合に備える必要性を訴求している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ