このページの本文へ

Ledger Nano「Ledger Nano S」

仮想通貨を保管できるUSBメモリー型ハードウェアウォレットが販売中

2018年03月01日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 仮想通貨を手元で安全に保管できるLedger Nano Inc.のUSBメモリー型のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」の取り扱いがツクモパソコン本店で始まった。

仮想通貨を手元で安全に保管できるUSBメモリー型のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」

 「Ledger Nano S」は、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの仮想通貨をネットワークから完全に切り離した状態で保管できるハードウェアウォレット。仮想通貨取引所が不正アクセスによって通貨を流失してしまった場合などでも資産を守れる。

USBメモリー型の本体は、有機ELディスプレーと物理ボタンの組み合わせで管理する仕組み

 USBメモリー型の本体は、有機ELディスプレーと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、暗号通貨取引のセキュリティを保護。認証プロトコル「FIDO」に対応し、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)といった仮想通貨を保存できる。

初回ロットは即完売。今回の入荷ではまとまった数が確保できたという

 Google Chromeで使えるオリジナルの専用アプリケーションに対応し、Windowsや Mac、Linux、Chrome OS搭載PCで利用可能。送金や受け取り、アカウント残高の確認などができる。

 ツクモパソコン本店での価格は1万4630円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中