このページの本文へ

GalaxyにXperia、注目スマホ一斉登場! MWC 2018レポート第14回

フロント、リアカメラとも光学式手ブレ補正に対応

Wiko、切り欠けあり19:9の全画面ディスプレーを採用した「View2」

2018年02月27日 15時00分更新

文● 山根康宏 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Wikoは2月26日、スペイン・バルセロナで開催中のMWC 2018で新製品発表会を開催。アスペクト比19:9のワイドディスプレーを搭載した「View2」と「View2 Pro」を発表しました。View2、View2 Proはどちらも同じ本体デザインで、View2のスペックを強化したモデルがView2 Proとなります。

 両端末の最大の特徴は、フロント全面をディスプレーにしたこと。ディスプレー上部はU字型の切り欠き(ノッチ)があり、そこにフロントカメラを配置しています。ホームボタンなどはなく、指紋認証センサーも背面のカメラの下に配置。これより端末の前面はほぼすべてがディスプレー領域となっています。

U型のノッチがある19:9のディスプレーを採用

 本体の背面はメタリックな光沢仕上げで高級感を演出しています。カメラ周りは「iPhone X」によく似たデザインで、View2 Proは上下に2つのカメラを配置、View2はカメラとフラッシュを配置しています。フロントカメラは高画質な1600万画素で、美顔モードを備えセルフィー機能を強化しています。リア、フロントどちらのカメラもWikoのスマートフォンとして初めて光学式手ぶれ補正に対応しました。

 View2はチップセットがクアルコムのSnapdragon 430、メモリ3GB/ストレージ32GB。ディスプレーは6型(720×1528ドット、アスペクト比19:9)。リアカメラ1300万画素(F2.0)、フロントカメラ1600万画素(F2.0)。バッテリーは3000mAhで本体サイズは72×154.5×8.3mm、重量153g。価格は199ユーロ(約2万6300円)。

基本モデルとなるView2

 View2 ProはチップセットがクアルコムのSnapdragon 450、メモリ4GB/ストレージ64GB。ディスプレーは6型(720×1528ドット、アスペクト比19:9)。リアカメラ1600万画素(標準:F2.0)+1600万画素(ワイド120度:F2.0)、フロントカメラ1600万画素(F2.0)。バッテリーは3000mAhで本体サイズは72.6×153×8.3mm、重量164g。価格は299ユーロ(約3万9400円)。

カメラやチップセットを強化したView2 Pro

 両端末の本体サイズは若干異なるもののぱっと見はほぼ同じ形状で、手に持ってみても違いはほとんど感じられません。背面仕上げはカラフルな色合いの多いWikoの端末では異色のAnthracite、Gold、 Grayという金属調な3色展開になっています(View2 ProにはGrayは無し)。

View2の右側面View2の左側面
View2の背面。View2 Proも同じデザイン

 19対9のディスプレーはシネマサイズ(21:9)により近づいており、映画を見る際は18:9のディスプレーと比べるとより臨場感が味わえます。U字部分の切り欠きは好みもあるでしょうが、カメラ左右の通知領域も十分な幅があるため実用性は悪くありません。日本での展開は現時点では不明ですが、手ごろな価格と性能の高いカメラ、そして仕上げの高さは日本市場でも十分通用する製品だと感じました。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン