このページの本文へ

Gmailを完璧に使い倒す(秘)テクニック第39回

意外とわかりにくいGmailの「差出人名」の変えかた

2018年02月26日 10時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gmailをメインの登録先や連絡手段として使っているユーザーは多いかと思いますが、ちょっと設定を加えるだけでさらに便利になります。ライターの島徹さんが日常生活でも役立つGmailのTipsをご紹介。

Googleアカウント登録名はそのままで
Gmailの差出人名だけを変更する方法

 Gmailを利用する際、デフォルトの差出人名はGoogleアカウントと同じ名前が登録されています。ですが、場合によっては差出人名の表記を変えたいこともあるはず。この設定方法が意外とわかりづらいので、今回はGmailの差出人名の変えかたを紹介します。

 Gmailの差出人名の変えかたですが、今回はGoogleアカウントに登録した名前はそのままにして、Gmailの差出人名だけを変更する方法をご紹介しましょう。

 PC版Gmailを開いて、右上の歯車アイコンから「設定」を選びます。「アカウントとインポート」タブを開いて、「名前」欄の画面右端にある「情報を編集」を開きましょう。

名前欄の「情報を編集」は画面の右端にある

 情報と編集を開くと「メールアドレスの編集」というウィンドウが開きます。名前の空白側をチェックして差出人名を入力し「変更を保存」ボタンを押しましょう。

新しい差出人名を入力する

【注意】差出人名を変えても匿名にはならない

 このGmailの差出人名の変更ですが、所属+本名という表記にしたい場合など、Googleアカウントに登録した本名が相手に知られても問題ない場合はふつうに活用できます。

 ただし、「Googleアカウントに登録した本名を知られたくない」など、匿名化が目的の場合は利用をおすすめしません。なぜなら、差出人名が変わるのはGmailで送信したメールの内容だけで、GoogleドライブやGoogle+など、Googleの各種サービスを利用する場合はGoogleアカウントの本名がそのまま表示されるからです。

先ほどGmailの差出人名を「田中屋 サポート田中」に変更したが、ほかのGoogleのサービスではGoogleアカウントに登録した「田中一郎」のまま表示される。すべて変更したい場合は、Googleアカウントに登録した名前を変更する必要がある

 もし、匿名化を目的にメールの差出人名を変更したい場合は、Googleアカウントに登録した名前自体を変更するか、別のGoogleアカウントを作成することをおすすめします。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン