このページの本文へ

ASUS「PRIME H110M-P」

なぜか今頃、H110搭載の安価なマザーがASUSから発売

2018年02月16日 22時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、チップセットにH110を採用するMicro ATXマザーボード「PRIME H110M-P」が発売された。税込6000円代で購入できる、安価なマザーボードだ。

チップセットにH110を採用するMicro ATXマザーボード「PRIME H110M-P」。CeleronやPentiumなど安価なCPUとの組み合わせがオススメ

 「PRIME H110M-P」はH110採用で、Kaby LakeおよびSkylake世代のCPUが利用可能なMicro ATXマザーボード。最新のCoffee Lake世代のCPUが使えない点には注意が必要だ。

チップセットの仕様とはいえM.2はPCIe 2.0 x2接続の10Gb/s動作。SATA接続のM.2を選択しコストを抑えるのもありだろう

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーがDDR4 DIMM×2(DDR4-2133/2400、最大32GB)。オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111H)、サウンド(Realtek ALC887 8CH HD)、M.2×1(PCIe 2.0 x2、10Gb/s動作)、SATA3.0×4、USB 3.1×4、USB 2.0×6などを装備。I/O部には、グラフィックス出力機能としてHDMI、D-Subを備える。

 価格は6480円(税抜)。ドスパラ秋葉原本店やツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中