このページの本文へ

Super Micro「C7Z370-CG-L」

品質自慢のSuperOから初のZ370搭載マザーが発売

2018年01月30日 22時25分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Super MicroのゲーミングブランドSuperOから、Z370チップセットを搭載するLGA 1151対応マザーボード「C7Z370-CG-L」が登場。パソコンショップアークで販売中だ。

Super MicroのゲーミングブランドSuperOから発売された、Z370チップセットを搭載するLGA 1151対応マザーボード「C7Z370-CG-L」

 「C7Z370-CG-L」は最近のマザーボードでは珍しい、RGBによるLED機能などがない高品質、高耐久性をウリとした製品。優れた耐久性を実現するサーバーグレード設計ながら、信号干渉を防ぎ、重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロットを採用するなどゲーミング用途を見据えた作りとなっている。

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1、PCI Express(3.0) x1×3。メモリーはDDR4 DIMM×4(DDR4-3000+(OC)/2666/2400/2133、最大64GB)という構成。

昔はみんなこうだった。RGBによるLED機能などは省き高品質、高耐久性をウリにしたモデル

 オンボードデバイスはギガビットイーサネット(intel I219V)、サウンド(Realtek ALC1220 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA×6、USB 3.1×2、USB 3.0×6、USB2.0×6を搭載。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4b×1、DVI-D×1、DisplayPort 1.2×1を装備する。

 価格は2万5898円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中