このページの本文へ

レノボ、豪雪災害に見舞われたユーザー向け特別保守サービスを実施

2018年02月16日 17時50分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、平成30年2月4日からの大雪による被害と、平成29年度豪雪による被害を受けたユーザーを対象にした特別保守サービスを実施している。

 通常、天災による故障は、従来保証書の有無に関わらずすべてが有料となる。だが、対象のレノボ製品を所有する、内閣府公表の災害救助法適用地区ユーザーであれば今回の特別保守サービスを受けられ、被災した各種機器の検査料や作業料、送料が無料になるとのこと。

一般向け特別保守サービス詳細

対象製品
 ・ThinkPad、ThinkCentre、Think Station、ThinkPad Tabletシリーズ
 ・IdeaPad、IdeaCentre、IdeaPad Tabletシリーズ
 ・Lenovo、Lenovo Tabletシリーズ
 ・Lenovo Yoga シリーズ
 ・Erazerシリーズ
 ・ThinkVisionシリーズ(モニター)

対象ユーザー
 ・災害救助法適用地区のユーザー
 ※適用地区等詳細は内閣府ウェブサイトを参照。
 「平成29年度豪雪にかかる災害救助法の適用について
 「平成30年2月4日からの大雪による災害にかかる災害救助法の適用について

特別保守サービスの内容
 ・部品代ユーザー全額負担、作業料は無料
 ・送料無料
 ・修理キャンセル時、検査料に送料無料
 ・適用期間
  ①平成30年2月4日からの大雪による被害
   2018年2月6日から2018年7月31日まで
  ②平成29年度豪雪による被害
   2018年2月14日から2018年7月31日まで

 ※災害救助法適用の発表内容によって、期間を変更する場合あり
 ※補修用性能部品の保有期間が終了した機種については修理を承ることができない場合あり

法人向け特別保守サービス詳細

対象製品
 ・平成29年度豪雪による被害による災害により直接的な被害を受け、修復が可能なレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ製品(System x、ThinkServerなど)

対象ユーザー
 ・災害救助法適用地区の法人ユーザー
 ※適用地区等詳細は内閣府ウェブサイトを参照。
 「平成29年度豪雪にかかる災害救助法の適用について
 「平成30年2月4日からの大雪による災害にかかる災害救助法の適用について

特別保守サービスの内容
 ・部品代は特別価格にて、技術料は無料(保守契約、保証期間中の製品)
 ・オンサイト保守対象製品 LED時間製サービス(パーコール)は、通常請求金額の半額
 ・適用期間
  ①平成30年2月4日からの大雪による被害
   2018年2月6日より2018年7月31日まで
  ②平成29年度豪雪による被害
   2018年2月14日より2018年7月31日まで

 ※補修用性能部品の保有期間が終了した機種については修理を承ることができない場合あり

■関連サイト

カテゴリートップへ