このページの本文へ

富士通 パスワードに代わる生体認証ソフトを販売

2018年02月16日 13時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は2月16日、パソコン生体認証ソフトウェア「FUJITSU Security Solution AuthConductor Client (フジツウ セキュリティソリューション オースコンダクター クライアント」の販売を発表した。グローバル市場向け製品で、オセアニア地域から販売を開始。2018年上期中にアジア、北米へと順次展開する。

 AuthConductor Clientは、手のひら静脈センサーや指紋センサーを内蔵したノートパソコン・タブレットや、USB接続による外付けセンサーと組み合わせることで、ID・パスワード運用に代わるセキュアーな認証環境を実現する。生体情報登録時には適切なガイダンス動画などでセットアップもサポート。また、「Active Directory」に対応しており、生体情報とログイン状況の一元管理が可能。1台のパソコンを複数ユーザーが使える環境構築や、アクセス履歴の管理ができる。アプリケーションなど既存のシステムを変更せず、さまざまな業種の運用業務をサポートも可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通