このページの本文へ

「PalmSecure-SLセンサー」

世界最小・最薄に!富士通が非接触型手のひら静脈認証

2012年08月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月8日、富士通と富士通フロンテックは、世界最小・最薄というPCログイン専用の非接触型手のひら静脈認証装置「PalmSecure-SLセンサー」を開発し、外付けタイプのスタンダードセンサーとマウスタイプセンサーを販売開始したと発表した。

「PalmSecure-SLセンサー」のマウスタイプ(左)と外付けタイプ(右)

 これは、2010年1月発売の既存モデル「PalmSecure-LTセンサー」の認証レベルを維持したまま、体積比約4分の1という小型化に成功したという製品。手ぶれ対策、ガイドレス認証を実現するとともに、省電力モードを備える。これにより机上のスペースを有効活用でき、モバイル用途でも快適な操作で利用できるとしている。

 そのほか、センサーを使用しない状態が10秒間続くと自動的に省電力モードに移行する省電力機能を搭載。消費電力を最大2.5W(通常)から約0.2W(省電力モード)に削減できる。

 なお、PalmSecure-SLセンサーは認証ソフトウェアを同梱していない。そのため、同社のPCログインシステムとの組み合わせのみで動作可能だという。

PalmSecure-SLセンサーのラインナップと価格

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ