このページの本文へ

「会計freee for 仮想通貨」で確定申告の反映が可能

2018年02月05日 15時30分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 freeeは2月5日、仮想通貨取引での損益計算ができる「会計freee for 仮想通貨」の提供を開始すると発表した。取引所ごとに損益通算の参考値を算出でき「クラウド会計ソフト freee」と合わせて利用すると、確定申告の書類に反映できる。

 このサービスは誰でも無料で利用でき、サービスページからメールアドレスで申込むと、順次アカウント情報が送付される。対応取引所はbitFlyerおよびbitbank、データ連携方式はcsvデータの取り込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン