このページの本文へ

ロボット2台による掛け合いが自然な会話の流れを提供

NTT、雑談を交えながら知識を伝える新感覚AIを開発

2018年01月31日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
複数ロボットとの対話イメージ

 日本電信電話(NTT)は1月31日、雑談を通してユーザに対話への興味を持たせつつ、その興味に応じて知識を伝達する新感覚の対話AIを開発したと発表した。

 NTTグループのAI関連技術corevoの研究開発の一環としてNTTがこれまで培ってきた「複数ロボット連携による雑談制御技術」を応用、2台のロボットの連携を通して対話の話題を適切にコントロールし、雑談と質問応答を違和感なく行き来できる対話を世界で初めて実現したという。

単なる人とロボットの間では会話は途切れてしまうことがあるが、2台用いることで自然な会話の流れを作ることができる

 従来の対話AIを搭載したガイドロボットでは、ユーザからの質問に回答する質問応答機能など、ユーザからの要求に基づいて知識を伝えるための技術が開発の中心となっていた。一方、ガイドする物事自体や対話そのものに興味を持ってもらうためには、雑談を通してユーザと打ち解ける機能も重要となる。

 雑談対話AIと質問応答AIを動作させることで、人に自由な発話を許容しつつ話題を質問応答可能な範囲に自然に限定することができる。また、ロボット応答が少しずれた場合でも自然に話題を遷移する話題制御技術を盛り込んでいる。NTTでは今後、ユーザーの発話をより深く精緻に理解し対話する自然なパートナーとしての対話ロボットの実現を目指すとしている。今回の技術は、2月1日~28日の日程で京都市動物園にて実証実験として公開する予定。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!