このページの本文へ

Intel「SSDPEKKW128G8XT」、「SSDPEKKW256G8XT」、「SSDPEKKW512G8XT」

安くて速い! インテル「Intel SSD 760p」がデビュー!

2018年01月25日 23時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製NVMe M.2対応SSD「Intel SSD 760p」シリーズが登場。128GB~512GBまでの3モデルの販売が複数ショップでスタートした。

インテル製NVMe M.2対応SSD「Intel SSD 760p」シリーズ。高速転送を実現しつつ販売価格が安い注目のモデル

 「Intel SSD 760p」シリーズは、64層3D TLC NANDを採用するNVMe M.2 SSDの新モデル。インターフェースはPCI Express(3.0) x4、フォームファクターはM.2 2280という一般的な形状だ。

 基本スペックは、128GBモデル「SSDPEKKW128G8XT」がシーケンシャルリード1640MB/sec、同ライト650MB/sec、256GBモデル「SSDPEKKW256G8XT」がシーケンシャルリード3210MB/sec、同ライト1315MB/sec、512GBモデル「SSDPEKKW512G8XT」がシーケンシャルリード3230MB/sec、同ライト1625MB/sec。製品保証は5年間。

128GB~512GBまでの3モデルが販売中。256GB、512GBモデルはシーケンシャルリードが3200MB/secオーバーの高速仕様だ

 価格は「SSDPEKKW128G8XT」(ドスパラ秋葉原本店のみ)が9980円、「SSDPEKKW256G8XT」が1万4980円、「SSDPEKKW512G8XT」が2万6980円。オリオスペックやドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店(近日入荷予定)、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

 高速転送を実現しつつ販売価格が安いため人気となるのは確実といったところだが、残念ながら初回入荷の本数は少ない。特にシーケンシャルリードが3200MB/secオーバーの256GB、512GBモデルの完売は早そうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中