ハイレゾや高画質画像編集を楽しむアソビパソコン

LAVIE春モデル、音と映像にこだわったデスクトップ

天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは1月16日、新型デスクトップ「LAVIE Desk All-in-one」を発表した。価格は「DA770/KA」が24万8184円、「DA370/KA」が17万2584円、「DA350/KA」が16万1784円で、1月中旬の出荷を予定している。

 音と映像に注力したという、ディスプレー一体型のデスクトップ機。旧モデル「DA970」「DA570」を廃止し、ラインアップを整理した。

 同社によると購入者層は7割が40代以上と年配中心で、用途はデジタル一眼レフ、4Kビデオ編集、ハイレゾオーディオなどのデジタル趣味だという。そのためディスプレーは標準で23.8型フルHD液晶を搭載し、直販サイトからのオプションオーダーで4K UHD液晶を選択可能とした。左右と上辺は幅2mmの超挟額縁を採用している。

 また、上位モデルDA770/KAは地デジ・BS/CSチューナーを各2基ずつ搭載。ジャンルやキーワードの録画条件で自動録画が可能なほか、テレビ視聴・録画アプリ「SmartVision」で番組の本編だけを抽出する「見たいとこ再生」や、音声を識別しやすい倍速再生「きこえる変速再生」といったスタイルでのテレビ視聴が可能だという。DA370/KAは地デジ・BS/CSチューナーが1基搭載で、DA350/KAは非搭載。

 音声に関しては、40kHzの帯域再生が可能なハイレゾ対応のYAMAHAスピーカーをDA770/KAで採用。木工や3Dプリンターを使い、実際の筐体が決まる前の開発初期から検証と確認を重ねたという。その結果、従来モデルでは下向きだったスピーカー配置を前向きにして、リスニングポイントでの聴感向上をはかったとする。

 さらに、スマホアプリ「Sound Space Optimizer」を新規開発。PC正面以外でもユーザーのポジションを解析し、左右の音量差や試聴位置までの距離をAudioEngineで補正してサラウンド効果を設定できるほか、「HiGrand Music Player」の遠隔操作も可能だという。

 BD搭載モデルにはCyberLink「PhotoDirector」をプリインストール。ビデオからの画像切り抜きやコマ送りのような合成画像、360度画像の生成機能などを搭載する。そのほかCyberLink「MediaShow」やはがき作成ソフト「筆ぐるめ25」などをプリインストールする。OSはWindows 10 Homeで、DA770/KAはOffice Home & Business 2016、DA370/KAとDA350/KAはOffice Personal 2016を搭載する。

 主な外部インターフェースは、USBが3.1×2(Type-A)、3.0×3。DA370/KAとDA350/KAはUSB 3.0×3、2.0×2。LANポート×1、3.5mm 4極オーディオ入出力×1(ヘッドフォン/マイク)、SDXCスロット×1。

 上位モデルDA770/KAのそのほか主な仕様は、CPUが第8世代Core i7-8550U。メモリーが8GB。ストレージが3TB SATA HDD。光学ドライブがBDXL対応Bluray。無線LANが802.11ac(867Mbps)。サイズは幅543×奥行き194×高さ415mm、重量はおよそ8.8kg。

 下位モデルのDA370/KAとDA350/KAのそのほか主な仕様は、CPUがCeleron 3865U。メモリーが4GB。ストレージが1TB SATA HDD。光学ドライブがDVDスーパーマルチ。無線LANが802.11ac(433Mbps)。サイズは幅543×奥行き165×高さ403mm、重量はおよそ8.1kg。

DA770/KA

DA350/KA

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月