このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第64回

4万円台なのにトレンドの機能を装備 セルフィーに強いインカメラの実力は!?

18:9の縦長画面&リアもフロントもダブルレンズカメラ! 「HUAWEI Mate 10 lite」レビュー

2018年01月10日 13時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマホやタブレットなど、ますます勢いに乗るファーウェイの魅力的な製品を紹介している「ファーウェイ通信」。今回は、リアのメインカメラとフロントのインカメラの両方にダブルレンズを搭載し、縦横比18:9の大画面ディスプレーも備えるSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」をレビューする。セルフィーに強いというカメラの魅力を中心に紹介していこう。

今回はアウトカメラ、インカメラがともにダブルレンズの「HUAWEI Mate 10 lite」をレビュー。お手頃価格の縦長ディスプレー搭載機という点でも魅力的だ

4万円台前半の価格にも関わらず充実のスペックに加えて、
ハイエンドモデルで増加中の縦長画面のメリットも!

 アウトカメラとインカメラの両方がダブルレンズと、これまでにない特徴を持ち、さらに性能面にも優れていながら、税抜4万円台前半という魅力的な価格の1台だ。そこでまずは基本スペックをチェックしていこう。

18:9の5.9型液晶を搭載。上位モデルほどではないが、こちらも狭額縁だ

 まず外見を見てすぐにわかるのが、18:9の縦長画面を採用した5.9型ディスプレー。IPS液晶を採用し、解像度は2160×1080ドット(407ppi)。高精細かつ美しい画面表示により、撮影した写真や動画などを楽しめる。

斜めから見ても美しい表示のIPS液晶を搭載する

 縦長画面は、今のハイエンドスマホのトレンドだ。実際に採用され始めたのは2017年に入ってからと案外最近のことだが、広く受け入れられているのは、片手でも持ちやすい範囲の横幅でありながら、画面の表示域は拡大されるという明白なメリットがあるため。HUAWEI Mate 10 Proでも同じ縦横比が採用されているが、それより価格がずっと抑えられた本機でも、その便利さを手に入れられるわけだ。

SNSやニュースサイトのチェックと縦長画面の威力が発揮される場面は多い

 縦長画面が特に威力を発揮するのは、ブラウザーでウェブ閲覧を行なったり、TwitterやFacebookなどのSNSをチェックする場面だ。1画面の情報量が増えているため、指でスクロールする回数を減らせる。また、画面分割モードで2つのアプリを表示できるのでニュースを見ながら、SNSに投稿といった操作も簡単だ。

2画面分割を組み合わせると、縦長画面をさらに活用できる

 3340mAhという大容量バッテリーもメリットとして挙げられる。標準的な使い方であれば約2日間は使用可能とのことだが、筆者が実際に作例撮影などで1日持ち歩いた際の体感でも、バッテリーの持ちは非常に良いと感じた。朝からずっとハードに使ったとしても、夕方にバッテリー切れになってしまうことはなさそうだ。

 CPUはにオクタコアの「HUAWEI Kirin 659」(4×2.36GHz+4×1.7GHz)を搭載している。メモリーは4GB、ストレージは64GB。写真撮影やニュースチェックなど、日常使用ではサクサクとした快適な操作感を得られる。よほど高負荷な3Dゲームなどを使用しなければ、ストレスを感じることはないはずだ。

 指紋認証センサーについては、本体背面に搭載している。ファーウェイの指紋認証センサーは認識精度と速度に定評があるが、HUAWEI Mate 10 liteでも受け継がれている。センサーを長押しすることでカメラのシャッターを切る機能もあり、セルフィー時に端末を揺らすことなく撮影できるという利点がある。

ファーウェイ製スマホではおなじみとなっている高速認識の指紋センサーを本体背面に搭載する

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事