このページの本文へ

マルチコアCPUと高信頼グラフィックスがクリエイターを強力サポート

クリエイター向けPC「raytrek」からAMD RyzenとNVIDIA Quadroを搭載したモデルが登場

2017年12月08日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「raytrek LA-M」(MicroATXケース)

 サードウェーブデジノスは12月8日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」にAMD RyzenとNVIDIA Quadroを搭載した新モデル3機種を発売した。

 「raytrek LA-M」はCPUにAMD Ryzen 7 1700を採用、グラフィックスカードにNVIDIA Quadro P600(2GB)を装備。8GBメモリー、250 SSD+1TB HDDなどを搭載した構成での価格は14万3618円。

「raytrek LA-X/raytrek LA-X P2」(ATXフルタワーケース) 

 「raytrek LA-X」は AMD Ryzen Threadripper 1950Xを採用、グラフィックスカードにNVIDIA Quadro P600(2GB)を装備。32GBメモリー、500GB SSD+3TB HDDなどを搭載した構成での価格は39万9578円。

 「raytrek LA-X P2」はCPUにAMD Ryzen Threadripper 1950Xを採用、グラフィックスカードにNVIDIA Quadro P2000(5GB)を装備。32GBメモリー、500GB SSD+3TB HDDなどを搭載した構成での価格は44万2778円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ