このページの本文へ

調査会社SensorTower調べ

スマホ「どうぶつの森」1週間で1500万ダウンロード マリオランの約半分

2017年11月28日 13時15分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 任天堂は11月21日、スマートフォン向けアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」をApp StoreGoogle Playでリリースしました。

 「どうぶつの森」シリーズ最新作となる本作は、動物たちと仲良くなり、家具やオブジェなどをかざって、にぎやかなキャンプ場を作っていくという内容。釣りや虫取り、アイテム集めなど、これまでのシリーズ要素も継承されています。

 調査会社のSensorTowerによると、本作はリリースされてから1週間で1500万ダウンロードされたとしています(調査結果はこちら)。なお、iOSとAndroidの両方が対象です。

 SensorTowerが引き合いに出しているように、最初の1週間でおよそ3200万ダウンロードという「スーパーマリオ ラン」と比べると、どうぶつの森 ポケットキャンプはおよそ半分。ちなみに「ファイアーエムブレム ヒーローズ」のダウンロード数はおよそ700万だったそうです。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ