このページの本文へ

円形ディスプレー搭載で1万円チョイで買える3G対応の中華スマートウォッチ

2017年11月16日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 円形ディスプレーを搭載する安価な中華スマートウォッチ「Q7 Plus」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。中国Finowの製品で、価格は1万1800円だ。

1万円チョイと激安な中華スマートウォッチが入荷。円形ディスプレー搭載で、3G通信にも対応している

 技術的に難しい円形ディスプレーを搭載しながら、1万円チョイで買えてしまう中華スマートウォッチが店頭販売中だ。しかもnanoSIMスロットを備えた3G対応モデルで、スタンドアロンで電話機能やブラウジングもこなしてしまう。安くて多機能なスマートウォッチを探している人にはピッタリなモデルだ。

 ディスプレーは240×240ドットの1.3型液晶で、プロセッサーはクアッドコアのMediaTek MTK6580(1.3GHz)、メモリー512MB、ストレージ8GBを実装。OSはAndroid 5.1を搭載(日本語対応)、Playストアもプリインストールされている。

3G対応のため、単独で電話の発着信が可能(保証対象外)。ブラウジングも可能だが、基本は音声入力やフリック操作がオススメ

 そのほか、300万画素(ショップ調べ)のカメラも搭載。Gセンサーや心拍センサー、GPSも内蔵している。ネットワークはBluetooth 4.0と無線LANをサポート。通信規格は、W-CDMA 850/1900/2100MHzなどに対応している。

 なお、OS動作を含めソフト面での動作保証はなし。通信機能についても保証対象外と、直輸入品だけにユーザー側である程度の知識が必要になる点は注意しよう。

側面にはカメラも搭載。腕との接触部分には、心拍センサーも備えている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン