このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第194回

ZenFone 4、Moto Z2 Play、HUAWEI P10 lite、高性能SIMフリー機の速度を比較

2017年11月06日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマホのなかでも高性能な「ZenFone 4」「Moto Z2 Play」に、トップクラスの人気モデル「HUAWEI P10 lite」を加えて比較しているスマホ定点観測。3機種の価格、スペックの違いはそのままテストの差につながるのか? ベンチマークアプリや文字入力で見ていこう。

ZenFone 4

Moto Z2 Play

HUAWEI P10 lite

スペック面では明らかに有利なZenFone 4

 SIMフリースマホのなかでもハイスペックのASUS「ZenFone 4」に、Moto Modsによる機能拡張が特徴的なモトローラ「Moto Z2 Play」、そして高コスパで人気のファーウェイ「HUAWEI P10 lite」だが、前回は格安SIMとの組み合わせで2年間のトータルコストが10万円切りが可能とわかった。ただしスペックの差がそのままコスト差となっており、実際に購入を考えると正直どれを選べばいいか迷う。というわけで前回の比較は引き分けとした

 今回は速度面を中心に性能差を計っていくが、まずはそのスペック面のおさらいから。

  ZenFone 4 Moto Z2 Play HUAWEI P10 lite
メーカー ASUS モトローラ ファーウェイ
本体サイズ 約75.2×155.4
×7.5mm
約76.2×156.2
×5.99mm
約72×146.5
×7.2mm
重量 約165g 約145g 約146g
画面サイズ 5.5型 5.5型 5.2型
画面解像度 1080×1920ドット 1080×1920ドット 1080×1920ドット
OS Android 7.1.1 Android 7.1.1 Android 7.0
CPU 2.2GHz
(8コア)
2.2GHz
(8コア)
2.1GHz+1.7GHz
(8コア)
ROM/RAM 64GB/6GB 64GB/4GB 32GB/3GB
メモリーカード microSDXC
(2TB)
microSDXC
(2TB)
microSDXC
(128GB)
国内4G対応バンド 1/3/8/18
/19/28/41
1/3/8/19/28/41 1/3/8/18
/19/28/41
キャリアアグリゲーション
VoLTE対応
連続通話時間 1740分(LTE) 1080分(3G) 1260分(LTE)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1200+800万画素 1200万画素 1200万画素
インカメラ 800万画素 500万画素 800万画素
防水/防塵 ×/× ×/× ×/×
ワンセグ × × ×
フルセグ × × ×
FeliCa × × ×
赤外線通信 × × ×
NFC ×
Bluetooth 5.0 4.2 4.1
MHL(HDMI) × × ×
Miracast ×
SIM形状 nanoSIM×2 nanoSIM×2 nanoSIM×2
バッテリー容量 3300mAh 3000mAh 3000mAh
Qi × × ×
生体認証 指紋 指紋 指紋
USB端子 Type-C Type-C microUSB
カラバリ ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト ルナグレー、ファインゴールド、ニンバス サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド、サクラピンク(UQ mobile限定)

 3機種で一番スペックが高いZenFone 4はさすがに本体価格も税抜約6万円と高め。続くのが5万円台のMoto Z2 Playで、HUAWEI P10 liteは2機種に比べスペックがほどほどになるものの、端末の単体価格は税抜2万円台と安価だ。

ベンチマークテストではCPUの性能どおりに
ZenFone 4が全勝!

 まずはベンチマークテストから。使用アプリは「AnTuTu」と「3DMark」。各機種で3回ずつ計測し、トータルスコアをはじめ各スコアの最高値を掲載している。

 結論から言えばベンチマークの結果もスペックどおりに。AnTuTuではZenFone 4がトータルスコアで10万超えと少し前のハイエンドスマホと同クラスの数値を叩き出している。一方のMoto Z2 PlayとHUAWEI P10 liteは6万台。他のスコアもZenFone 4の圧勝だ。

(最高値) ZenFone 4 Moto Z2 Play HUAWEI P10 lite
AnTuTu 106650 68970 60598
3D 30185 13331 10029
UX 34412 27558 24937
CPU 34558 22249 20428
RAM 7633 5886 5204

ZenFone 4

Moto Z2 Play

HUAWEI P10 lite

 3DMarkのスコアも同様に、ZenFone 4が圧勝し、トータルスコアでは1362、Motoz Z2 PlayとHUAWEI P10 liteが400台で続く。

(最高値) ZenFone 4 Moto Z2 Play HUAWEI P10 lite
トータルスコア 1362 471 408
グラフィックス 1194 384 337
フィジックス 2688 2274 1533

ZenFone 4

Moto Z2 Play

HUAWEI P10 lite

 ベンチマークだけを見ればZenFone 4が明白にリードした。ZenFone 4が搭載しているSnapdragon 660は、クアルコム設計のコアを搭載し、クロックの数字以上に他の2機種と比べて、高い性能を持っていることがわかる。

 一方、Moto Z2 PlayとHUAWEI P10 liteはオクタコアと言っても、ミドルクラスのCPU。確実にMoto Z2 Playが勝るものの、スコアの数字は近い。HUAWEI P10 liteが健闘しているという見方もできる。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン